自転車保険で家族を守ろう

自転車に乗っていて歩行者とぶつかってしまったという場合、大したことがない事故だと考えていませんか。実は自転車でぶつかってしまったことによって、数千万円の損害賠償が発生することも増えてきました。高齢者の場合、自転車でぶつかったことによって脳挫傷を引き起こし、後遺症が残ってしまうことも少なくありません。万が一の時に家族が通勤や通学で使っている自転車で、誰かを傷つけてしまうことは、可能性として考えられます。そんな時に無保険でいるよりも、自転車保険に加入をしておくことで支払いをサポートしてもらえるでしょう。自転車保険の加入を義務付けている地域は年々増えてきていますが、必ずしもすべての地域で加入を義務付けているわけではありません。しかし、家族が万が一トラブルに巻き込まれてしまったら、進学や就職などにも影響を及ぼす可能性があります。そのため、なるべく早めに加入をしておくことが望ましいでしょう。子供が自転車に乗れるようになったり、夫が自転車通勤を開始することになったら、すぐに資料を取り寄せて加入しておけば万が一のトラブルを防ぐことにつながります。

sabu用置換

sabu用置換