外交員を通じて生命保険に加入する利点と問題点

会社に勤務していると出入りの生保会社の外交員がいて、昼休みなどにあいさつされたり提案書を渡されたりすることがあるかもしれません。相手にするかどうかは個人の自由なので、あまりしつこいようなら人事部などに言えば無理に提案されることはないでしょう。そのほか自宅にいるときに外回りの外交員が訪ねてきて売り込みをされるときがあります。こちらも必要なければその旨を伝えれば無理やり入ってきて勧めたりはしません。生命保険に入るときのルートとして多いのが生保会社の外交員からがあり、会社や自宅などで加入する人が多いようです。外交員を通じて入るメリットはそれぞれの事情に即した提案をしてもらえることでしょう。自分でライププランを考えてそれぞれに適した商品や保障額を決めるのは大変ですが、外交員ならわかりやすい資料を基に説明してくれるので簡単に理解した上での加入ができます。問題点は外交員は特定の保険会社に所属しているので他社の比較がしにくいところでしょう。

sabu用置換

sabu用置換